ホームhome お問い合わせ先Kontakt 写真ギャラリーFotoarchiv 作品集Projekte 過去の開催Rückblicke 掲示板BBS リンク集Links


          ホーム > 過去の開催 >


 2009年(第21回) 
 
参加者のみなさん(45名)からお寄せいただいた感想を一部ご紹介します。
 
 
1.インターウニに参加した後の感想をおうかがいします。
 
a. ゼミに参加された今、ゼミを金額で評価するとしたら?(今回の参加費は28,000円)
1.10,000円以下 0人 (0%)
2.10,000~20,000円 5人 (11%)
3.20,000~28,000円 17人 (38%)
4.28,000円以上 23人 (51%)

  うち各2名(3万円、4万円、5万円) 各1名(3.5万円、6万円、7万円、10万円)
 
b. クラスのレベルは適切でしたか?
はい 31人 (69%)
いいえ 14人 (31%)


<はいと答えた人の意見>
・周りが自分とあまり変わらないレベルなので、コミュニケーションもすぐに取れたし、質問もどんどんできたので良かった。
・机に向かって書き写す勉強ではなかったので、眠くならず楽しみながら理解できた。
・1回生でまだドイツ語の語彙がそんなにないけれど、先生が簡単な分かりやすい表現を使ってくださり、取り組みやすい内容だった。
・クラスレベルは適切だった。ただ、もう少しテキストを読むよりもドイツ人の先生と一緒に討論がしてみたかった。
・1日目から2日目にかけて徐々に難易度が上がって良かった。
・ポスターを使って発表したり、普段の授業でやらないことをやるのが面白かった。
・参考書や教科書のコピーを配布されたので、取り組みやすかったし、復習し易かった。
・全てドイツ語で話す授業があり、きつかったけど新鮮だった。
・聞き取りには苦労したが、言っている意味を想像できる程度で、授業としてもとても充実していたし、文法的にも適当なレベルだった。
・ドイツ語で説明してくれた後に、日本語でも説明してもらえて、分からない時も切り抜けることができるようなレベルのクラスに入れた。
・はじめて知る単語を使って議論するのは良いと思う。想定していたよりも難しかったのは、終わった後に良い印象が残ると思う。
・読み・書き・話し・聞き、全てできたし、画用紙にまとめる創作もできて楽しかった。

<いいえと答えた人の意見>
・習った文法をもう一度習ったので、もう少し難しくてよかった。
・難しすぎて全然ついていけなかった。
・クラス分けテストと授業レベルが違いすぎる。
・ドイツ語が多くて困った。
・もっとドイツ語が話せるようになってから来れば良かった。
・自分のレベルの低さを知った。
 
c. 3回のクラス別授業について具体的に意見を書いてください。
<肯定的意見>
・体を動かしたりしてドイツ語を学んだり、自分たちで考えたりすることが多かったので、普段の授業とは違って楽しかった。
・どの授業も個人個人が学習するというより、皆で話し合い考えながら学習していくところが良かった。
・ゲームを交えながらだったり、歌であったり、3回とも非常に楽しむことができた。
・先生がドイツ語で授業を進めると言ったので絶対無理!!と思ったけど、分からないことは分からないと言っていいと何度も言ってくださったので、このゼミに参加してからずっとあった不安が少し解消された。ずっと聞いていると何を言っているのか何となく分かるようになったので良かった。
・ヒアリング能力が向上したと思う。
・ドイツ語を話すことは予想以上に難しかったので、授業はとても大変だったがドイツ語に触れられたので良かった。
・独作文を添削していただけて本当に良かった。
・細かい計画がなくてもいろんな方向に議論が進んで良い。
・「裁判」についての議論は面白かった。ただし、論点をドイツ語で短時間に大量に挙げられるのはきつかった。
・ドイツ語を聞き取る練習になった。
・先生が変わったので、いろいろな先生と話すことができて良かった。
・辞書を使わず、ドイツ語で意味を先生に質問できたのは良かった。
・「Zukunft」のテーマから未来についての表現や、将来の夢についての表現を習えたのが良かった。
・未来の新聞を作る授業は時間が少なかったけど面白かった。
・先生が比較的ドイツ語を使って授業をしてくれたので、自分もドイツ語を使おうと意欲が出た。
・発言の機会が多く、間違っていてもとにかくドイツ語を話すことができて良かった。
・少人数で色々な意見が言いやすかった。
・テーマがドイツ語よりも想像力を使うものだったし、興味が湧くものだったので楽しく学べた。
・文法の授業ばかりだと思っていたので、文を書く授業が多くて驚いた。
・数人と話しながらドイツ語の文を作っていくことができたので、一人の時よりもスムーズに進んだと思う。

<否定的意見>
・もう少し授業があっても良いと思う。
・もう少し会話の授業があったら良かった。
・テーマも内容も難しかった。
・単語力がない自分のせいでもあるが、自分にとってレベルが高いと思うような授業が多かったため、“単語を調べて終わり”という感じになってしまい残念だった。
・まだ話し慣れていない人にはきつかった。
・一番初めの授業は、まったく知らない人同士なので、ウォーミングアップのようなミニゲームを入れて欲しかった。
・1回目の授業は簡単な話題から始めて、慣れてきてから2回目、3回目で討論の授業を入れて欲しかった。
・ドイツ人の先生が日本語ばかり使っていたのは残念だった。
・あのテストでクラス分けするのは無茶だと思う。あれは簡単すぎるし、筆記とリスニング・発言のレベルは違うと思う。
 
d. Projektについての感想(具体的に)
<良い点>
・ドイツ語の知識が増えた。
・仲間同士助け合って一つのことを成し遂げる達成感を得られた。
・自分でドイツ語の台詞を考えて覚えるのはとても勉強になった。
・ネイティブの先生方に直接発音を教えていただけたのも良かった。
・出し物が色々とあって良かった。
・先生が必要な時に助けてくれる点。
・主体的に動くことが要求されて訓練された点。
・人前でドイツ語を話す機会が増える。
・自分たちで考えるので、ドイツ語力や表現力の上達につながると思う。
・小道具を作るのも楽しかった。
・1日半で作品を仕上げるのは良い集中力になる。
・本番では、みんなの前ですごく変なダンスを踊ったのでこれからはなんでもできそうな気がした。
・授業とは違った新しい仲間に会えた。
・ドイツ語作文の良い経験となった。

<悪い点>
・とても楽しかったので、1日半で終わってしまうのは寂しい!
・テーマを決めるのに時間を費やした。
・時間が足りない。
・不安や緊張があること。
・自由すぎて何をしてよいのか分からなかった。
・インターネットを使えるようにしてもらえるとスムーズに解決する問題もあるのでは?
・先生にも一つ出し物をしてほしかった・・。
・未来=SFにこだわってしまったところがある。
・レベルのばらつきをどう吸収するかが難しいと思う。
・発表会の時、ドイツ語ばかりでほとんど分からなかった。 
 
e. Abendprogrammについて
・知識が増え、仲間との交流もできた。
・講義をまじえながら体を動かしたり、ワインを飲んだりするのは、ただ話を聞くだけというよりも頭に入りやすかった。
・学校では学べないドイツ文化が学べた。
・授業という形ではなかったので、リラックスして参加することができ、ドイツ人とのコミュニケーションも取りやすかった。
・ドイツ人の先生がドイツ語で一度話してから、日本語に訳しても良いと思う。
・就寝するのが遅くなる。少し時間がかかりすぎた。
・始まりと終わりの予定時刻が曖昧だった。
 
f. 夜食(ドイツ料理)についての感想
・ドイツ料理の調理に参加できて良かった。
・普段食べられない料理を楽しむことができた。
・ “食”を通して学べるドイツの歴史や文化があったので勉強になった。
・毎日夜食作りをしてくださった先生方、お疲れ様でした。
・家で作ってみようと思う料理がたくさんあった。
・全て手作りだったのは嬉しかった。
・Till先生はシェフのようだった。
・毎晩、ドイツ料理が楽しみで仕方なかった。
・おいしかったが、少し量が多かった。
・Sauerkrautはあまり美味しくなかった。
・時間が少し遅くなったので辛かった。
・ホットプレートを増やしたら、皆に行き渡るのが早いのでは?
 
 
2.ゼミへの期待(ドイツ語やドイツに関することで知りたいと思っていた等)は満たされましたか?
満たされた 28人 (62%)
ほぼ満たされた 8人 (18%)
あまり満たされなかった 6人 (13%)
満たされなかった 1人 (2%)


<満たされた>
・新たな文法や単語が学べたので期待は満たされた。
・一日中ドイツとドイツ語一色の日々と、同じ指向性を持った仲間が近くにいるのは非常に希有で重要な経験だと思う。
・助動詞について学べて、また一つ自分の知識が広がって良かった。
・ドイツ語を勉強しようという思いが強くなった。
・ドイツ人の方とできるだけ話したいという希望は十分満たされた。
・何より友達が増えて、ドイツの食文化を体験できたことは大きい。
・ドイツ語学習について同年代の方とたくさん話をすることができた。

<ほぼ満たされた>
・もっとドイツの街の様子などの話を聞きたかった。
・Projektarbeitenで先生方に教えてもらう機会があまりなかったので少し残念な気持ちはあったけど、たくさんの先生や先輩方の話が聞けたので良かった。
・自分のドイツ語がつたないので、先生に話しかけるのを躊躇していたのですが、話しかければ御指導いただけて会話練習がたくさんではないができた。

<あまり満たされなかった>
・もう少し授業時間があればと思う。授業がかなり少なくてびっくりした。
・ドイツに関することについては満たされた。ドイツ語に関しては満たされなかった。
・もっと会話の授業があればよかったと思う。みっちりとドイツ語の勉強と思っていたが、授業が少なく、創作的な活動の方が多かった。
・もう少し自分が積極的にドイツ語を話していればもっと上達していたのにと後悔したけど、少しは話せるようになったから、少しだけ満足した。

<満たされなかった>
・授業は分からなかったし、他のプログラムでもドイツ語をあまり使ってもらえなかったので、もう少し日常会話が上達するかと思ったけど、全然ドイツ語が使えなかった。
 
 
3.テーマについて:今回のゼミのテーマは「Zukunft」でしたが、どうでしたか?
・最初は難しいと思ったが、皆で考えるととても楽しいテーマだった。
・色々な角度からZukunftを考えられて良かった。
・未来といっても近い未来から遠い未来まであり、それを想像してクラスの人たちと話をしたり授業を受けるのはとても新鮮な感じがしてよかった。
・色々な分野に興味を広げられて良かった。
・自由に想像できて楽しかった。
・抽象的なテーマなので難しいと思ったが、SFについての講義などを通して未来という言葉の幅が広がった。
・みんなが未来についてどう考えているか、ドイツ人は未来についてどう考えているのか少しでも理解することができて嬉しかった。
・テーマの範囲が広かったので、プロジェクトのときのテーマも様々で良かった。
・SFのように遠い未来を想像するのは楽しかった。
・完全に想像の世界だったので、想像力があまりない自分にとっては難しかった。
・日本語で考えるのも難しいテーマだったが、ドイツ語ではさらに難しかった。
 
 
4.その他
・料理やら授業やらAbendprogrammやら様々なことに気を遣っていただき、とても楽しい研修にすることができた。
・自分自身を見つめなおす良い期間になった。
・ドイツの先生方は来るもの拒まず、去るもの追わずなんだなぁと実感した。自分から話しかけないと誰も話しかけてくれないと。
・4泊5日という短い期間で大学では学べないようなことがたくさん学べてとても有意義な時間だった。
・ドイツ人の先生がいることで発音やちょっとしたニュアンスの違いについて知ることができてすごく良かった。
・知らない人ばかりでしたが“出会い”の大切さを実感した日々だった。
・生のドイツ語を聞いたり、自分もドイツ語を使おうと努力したりすることは、とても良い刺激になった。ネイティブの方の会話を一日中耳にすることができ今までよりドイツ語が身近に感じられた。来年も是非参加したいと思ったし、その時は今回よりもドイツ語を身に付け、色々なことをドイツ語で話せるようになりたいと思った。
・最初はしんどいと思っていたけど、いろんな地域から来たいろんな学年の人と話せて、ドイツだけではなく他県の文化も知ることができた気がする。ここへ来て、ドイツ人の先生方の生のドイツ語も聞けたし、いろんな人が熱心にドイツ語を学んでいる姿を見ることもできたのですごく刺激になって、ドイツ語だけでなく、いろんなことをもっと頑張ろうと思えた。
・講義とかずっとドイツ語で話してくれているのに意味が分からなかったのは残念だった。
・お昼の後の休憩が長くて暇をもてあました。全体的に時間に関して緩い。
・九州は遠すぎる。しかも街中じゃないぶん交通費が高い。下界に行けなくて不便だし、どこかの大学でも借りられないのかなと思った。
・就寝時間はある程度決めた方が良いと思う。
・Projektの時間はもう少しあった方が良いと思う。
  

Copyright (C) 2004- X-seminar.net
/ インターウニ西日本実行委員会